小峰城(城山公園)

小峰城は、南北朝期の興国・正平年間(1340~1369)に、結城宗広の嫡子親朝(小峰氏を創設)がこの丘陵に城を築いたのが始まりで、その後永正年間(1504~1520)頃には白河結城氏の本城となったと推定される。現在にその名残をとどめる近世城郭は、寛永4年(1627)に10万石余で棚倉より入封した丹羽長重が、幕命を受け寛永6年(1629)より大改修を行い、同9年完成させたものである

平成3年には三重櫓、平成6年には前御門が史実に忠実に復元され、往時の姿を偲ばせている。

平成22年8月5日に歴史的な重要性が評価され、国指定史跡に指定。

Gallery

関連記事

  1. 南湖森林公園

  2. 谷津田川

  3. 関の森公園

  4. 聖ケ岩ふるさとの森

  5. 白河文化交流館コミネス

  6. 白河エンジョイスポーツランド

  7. 鶴子山公園

  8. 向新蔵

  9. 友月山